医療植毛のメリットについて

バナー

医療植毛のメリットについて

医療植毛のメリットは自分の後頭部の皮膚をそのまま移植するので免疫機能の過剰反応などの心配がないことや、アフターケアの必要性はほとんどないことなどで、人工毛髪を頭皮に移植する場合にはリスクが高いので、アレルギー反応などが起きた場合には免疫抑制剤を服用しなければなりません。
医療植毛には2つの種類があって、頭の側頭部や後頭部の頭髪を毛根ごと採取して薄くなった前頭部に移植をするものや、後頭部の皮膚をそのまま切除して薄毛の部分に移植するものがあります。



毛根ごと移植をして髪の毛は90%以上の割合で定着するのでアフターケアのコストを下げることができます。



カツラや人工毛髪を自毛に結びつける増毛法の場合は定期的にケアをしなければならないので、維持をするためのコストが高くなります。


またカツラの場合は同じ髪型が続いてしまうと不自然なので、数種類のカツラを作らなければなりません。


医療植毛は定着すると成長を繰り返すので定期的なアフターケアの必要がなくなりますが、外科手術によって植毛をするので後頭部や側頭部の傷口が完全に回復するまではスポーツや肉体労働をすることができません。また頭皮が動くことで痛みを感じてしまうことがあるので、正常な状態になるまで半年程度かかるとされています。



植毛にかかる費用は一般的には50万円から150万円程度とされていますが、アフターケアにも費用がかかるので薄毛があまり進行していない段階から治療を行う必要があります。